ナン」と「チャパティ」はどちらもインドなどでカレーとともに食べるパンという共通点があります。違いは、原材料となる「小麦粉の種類」と「生地の発酵の有無」です。

  違い:小麦粉の種類 違い:発酵の有無
ナン 精白粉精製されている :発酵させる
チャパティ 全粒粉精製されていない :発酵させない

より詳しい説明を知りたい方は、この記事の下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク
【大感動】しゅうだいの七五三撮影!家族みんなが感動しました…

【探偵のガチ調査】米屋の社長の副業Part5 新しい隠語は車で・・・【片岡探偵事務所】 #探偵 #片岡探偵事務所 #調査 #探偵事務所 #浮気調査 #尾行 #浮気 #不倫 #追尾 #妻の浮気

「ナン」と「チャパティ」は使用される小麦粉の種類が異なるだけでなく、その他の材料も全く違います。

  小麦粉の違い その他の材料の違い
ナン 精白粉精製されている 乳製品や卵など
チャパティ 全粒粉精製されていない 塩と水のみ
  「生地の発酵の有無」の違い
ナン :発酵させる
チャパティ :発酵させない
  調理器具の違い
ナン

タンドール窯で焼く

七五三 男の子 3歳 被布 着物 チェック モダン ナチュラル おしゃれ 茶色
チャパティ

タワと呼ばれる専用の鉄板やフライパンで焼く精製された小麦粉に乳製品や卵を加えて練り、生地を発酵させてからタンドール窯の内側に貼り付けて焼いて作ります。

全粒粉に水と塩を加えて練り、発酵させずに薄くのばして鉄板やフライパンで焼いて作ります。

ナン」は元々北インドで食べられていた宮廷料理で、今でもインドの家庭で日常的に食べられているものではありません。